2018-03-22

赤ちゃんのよだれ荒れもデイリースキンケアできれいなお肌に。

よだれがたくさん出る赤ちゃんによくみられるのが、ほっぺや口周り、あごの下にできる「よだれあれ」「よだれかぶれ」と呼ばれるもの。

我が家の末っ子にもしっかりできております。

治っちゃぁ、できちゃぁ、治っちゃぁ、できちゃぁ。と繰り返しなのですが、やはりその都度対処することが大切かなと。

よだれ荒れができる原因は?

赤ちゃんのよだれをそのままにしたり、ゴシゴシふきとることでよだれ荒れができてしまいます。

赤ちゃんからよだれがたれてしまうのは、口周りの筋肉がまだ未発達で、唾液を飲み込むことが難しいからなのです。

そのよだれには塩分や消化酵素も含まれています。

それがデリケートな赤ちゃんのお肌を刺激して、よだれ荒れを起こしてしまうのです。

また、何回もよだれを拭くことで、同じところが刺激され、赤ちゃんの薄いお肌は摩擦をおこし、赤く荒れてしまいます。

よだれ荒れの改善法は?

よだれかぶれの対処法は、口周りを清潔にすることです。

そして、きれいにした後は保湿剤をぬって保湿します。

私はワセリンを使っていますが、こまめに保湿をしていると口周りもきれいになっていきます。

ですが、きれいになったと思ってその後ケアをしなくなると、またよだれかぶれに逆戻りしてしまうのです。

だから授乳後、離乳食後、よだれが出ているのを見つけた後などお口周りが汚れているのを見つけるたびにケアが必要になります。

マメなケアが赤ちゃんのお肌を守ることになるのです。

対策としては、

・スタイをこまめにかえる

・顔にさわるスタイや服の素材は綿100%などお肌に優しいものを

・よだれを拭くときは優しく押し拭きで

・拭いた後は必ず保湿

これらを試してみても治らない場合は、皮膚科など病院を受診することをおすすめします。

上の写真から3日後には顎下のお肌もきれいになりました!

忙しさにかまけて、ケアをさぼってしまったために今回かなり赤くなってしまったので、これからは気をつけたいと思います。

4月から全3回のベビースキンケア教室も開催します。

ベビースキンケアを知ると赤ちゃんの肌トラブルに悩まされることも少なくなりますよ~(^^)

→全3回ベビースキンケア教室についての詳細

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

4月のレッスン案内&フォト撮影可能日はこちらから。

つむぎの撮影メニューはこちらから。

レッスン・講座について

galleryページ

つむぎinstagram https://www.instagram.com/tsumugi.photo

ベビーマッサージ/ベビーフォトスタジオ 紬~つむぎ~

〒828-0021  福岡県豊前市八屋1347 (地図はこちら)

mail tsumugi@seagreen.ocn.ne.jp

大江香子

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA